キャリーワゴンのおすすめと悲劇【特大ホイールで操作性抜群のQUICK CAMP】


こんにちは、キャンプ初心者ママのTOMO☺です。

そろそろキャンプ歴は4年以上、ブログをはじめて2年を経過。

ブログタイトルの「初心者」から卒業しつつあるかも?と思いつつ、よく考えたら、職人気質の夫にほとんどお任せ状態のため、焚き火も一人でできないビギナーでした。だからブログタイトルも当分そのままでいきますね笑。

最近、デイキャンプ(ただのBBQ場かも?)に頻繁に行くようになり、車からBBQ場までの荷物運びが大変になってきたので、ブログで欲しいと宣言していたキャリーワゴンをついに買っちゃいました!

じゃ~ん!

QUICK CAMP(クイックキャンプ)キャリーワゴンの特長

なんといっても特長的なのが

○操作性抜群の特大ホイール


河川敷のBBQ場は砂利道でしたが、このホイールならスイスイでしたよ。悪路に強いとの触れ込み通り、操作性はかなり良かったです!

簡単展開と収納コンパクト

一度教えたら5歳児の息子も一人でセットできるほど簡単に開けました!


普段は車に積みっぱなしですが、泊りのキャンプに行くときはお家に取り込むのである程度コンパクトで自立するのも使いやすい点。

○積載量も120ℓ
一家族デイキャンプには十分な積載量です。ただ遊び道具がたっぷりなので、炭火セットや食材を増やした場合は、手持ちも必要ですが、でも一往復でなんとかなりそう。

下の写真は、タープやポップアップテントなど設営した後なので荷物少なくなってますが、設営後は荷物置きとしても便利ですよ~

キャリーワゴンの注意点

ちなみに、キャリーワゴンでよく見かけるこんな図↓ありますよね。


我が家も使用前に早速自宅で息子の乗り物になってしまいました。


で、その後、悲劇が、、、、、。

息子にそそのかされて夫がキャリーワゴンに乗って、息子がひいていたら、

バキッ!!!

と音が鳴り、

おそるおそるワゴンの生死を確認してみると、、、、、

中敷きが1枚割れてました、、、、、、、。

夫の体重は60キロ弱。
静止時耐荷重は100キロ。

静止ではなく動かしていたからか、、、、、、。

おそらくこの悲劇はどのキャリーワゴンでも起こりうること。皆さんお気を付けくださいね。(中敷き1枚割れただけなので、変わらず使えるのですが、新品だったのに涙)

デイキャンプにて

初おろしの日、息子はキャリーワゴンをペットのように引っ張りまわしてご満悦。

でも2回目からは見向きもしてなかったな~。飽きるの早っ!

息子と夫が川でぴちゃぴちゃ。
私は足の裏からアーシング。

「キャリーワゴンのある暮らし♡」
というと大げさですが、かなり快適です!

BBQ場はコールマンの赤いキャリーワゴンだらけだったので、被りたくない方は、QUICK CAMPおすすめです。といってもずっと完売しており、再販されたときに即買ったので今は販売されているかわかりませんが。再販されていたらチャンスかも!

今年はデイキャンプも沢山いくぞ~!

余談ですが、

先日動物園にいったら、なんとそこでもキャリーワゴンを使っている親子を数家族発見!最近はレジャーといえばキャリーワゴンなんですかね^^


クイックキャンプ QUICKCAMP ワイドホイール アウトドアワゴン サンド QC-CW90 集束式 折りたたみ式 キャリーカート キャリーワゴン ゴムバンド付き
by楽天

[クイックキャンプ] ワイドホイール アウトドアワゴン サンド QC-CW90 集束式 折りたたみ式 キャリーカート キャリーワゴンBy Amazon



キャンプ愛用品はこちら



キャンプランキングはこちら
   にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございます。