自宅の防水テープでテントを仮補修してみました

年末冬キャンプの撤収時、強風のあまり裂けてしまったコールマンのテント。
幸いオフシーズンに突入したので、(夫が)自宅にあるもので仮補修しました。

自宅のアサヒペンパワーテープ

テント補修用テープの購入も検討しましたが、ちょうどウォータージャグの補修に使ったテープが自宅にあったので、まずはこちらを使ってみることに。

ホームセンターで数百円で販売されていた防水テープ。



Amazonや楽天でも売っており、なんと200円台!!(ネットのほうが安かったかも。)


アサヒペン パワーテープ シルバー 36mm×4m
byAmazon
T041 アサヒペン パワーテープ 幅36mm×長さ4m(シルバー)1巻 [ASAHIT041]【返品種別A】by楽天

安すぎて不安は残りますが、用途に、「水漏れ」「アウトドア」とあるため、テント修理に使っても耐えうるかもと望みをかけて使ってみました。

テープの張り方

「テープの張り方」なんてかっこよく見出しにしてみましたが、ただ張っただけです。

一応手順を書くと、

①テントを広げて、

②裂けた個所に、端からテープを張っていきます。


③最初は一人で作業していましたが、



④途中で二人がかりで、一人がテントをピンと伸ばして、もう一人がテープを張っていきました。(私も手伝っていたため写真はとれず)

⑤テープを張り終わったら、ローラーでテープを密着させたかったのですが、なかったので綿棒で代用。なかなかしっかり粘着できました。


 で、完成です!!

表から見たらテープは完全に隠れて綺麗に修復。

格安補修の使用感は‥

見た目は満足のいくものに仕上がりましたが、問題は、強風、激しい雨などのキャンプ環境に耐えられるか。

まだ肌寒い春キャンプではコールマンテントを使用する予定なので、その後の使用感はまたレポします。

これで暴風雨にも耐えられたら、(そんな時にキャンプしたくないけど‥)かなり安上がりで嬉しい。

もしダメだったらテント用を

使ってみて、やっぱりすぐにまた裂けてしまったり、雨が染みるなんてことになったら次はテント専用のテープを購入しようと思います。

お値段は何倍にもなりますが、テントを買い替えることを考えると安いもの。

安心日本メーカーの小川のテント用テープは「補修後等のミシン目からの雨水をしっかり食い止めます。」とあり、アイロンで張る点も頑丈そうだし、レビューの評判もなかなかでした。



ogawa(オガワ) テント用 補修 シーリングテープ 3130
 byAmazon
小川キャンパル/キャンパルジャパン シーリングテープ 【3130】【小川テント ogawa】【テント補修 タープ補修 修理 防水 止水 穴補修 リペア 修理】あす楽 by楽天

今回はあくまでも応急処置のような仮補修。とりあえずはこれで様子を見てみます。

ちなみに、

思い入れのあるテント
高かったテント
自己流修理には限界があるケース

などは、メーカー修理にだすという手があります。(当たり前ですが、これが一番安心)

修理サービスがあるかはメーカーによりますが、今回のコールマンテントはオンラインで受付してました。

コールマンオンライン修理受付

ひとまず、使えるようになって一安心。春キャンプは天気が良いことを願います笑。

ファミリーキャンプブログランキング参加中。
↓クリックしていただけると励みになります。感謝♡


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


0 件のコメント :

コメントを投稿

コメントありがとうございます。