キャンプにはケースつき包丁(モーラナイフ)が持ち運びに便利でお勧め!




最初の1年ほどは家の包丁を、購入時の透明ケースに入れて、タオルに巻いてキャンプにお供していました。

それはそれは嵩張りますし、開封&片付けが面倒すぎる‥。

まだ小さい子供もいるため、かなり頑丈に巻いていたというのもありますが、たとえ子供がいなくても刃物の取扱はかなり慎重にならないと怖いですしね。

そこで購入したのがこちら

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

モーラ・ナイフを選んだ理由

  • しっかりしたプラスチックケースがついていたこと
  • 研ぎやすい、耐久性が高いカーボンスチール製であること
  • 滑りにくりラバーグリップが使いやすそうだったこと
  • 職人達の手で伝統的に受け継がれた‥というコピーに惹かれて(笑)
  • アーミーグリーンのワイルドな見た目
まとめると、実用的で品質も確かで見た目もよし!

という理由から選びました。

こんなナイフは避けました


ちなみに、比較検討して、あえて選ばなかったものはこんなもの。

まな板つきナイフ

この種類は大体、まな板が折り畳みになっていて、その中に包丁を収納できるというもので、まな板はたいてい白なので汚れが目立ち、衛生面もきになるから買い替えが早いと思うのですが、そうなると同時に買い換えないといけないの?!となると不便。見た目もいまいち‥。

包丁セット

包丁が数本セットになってケースに入っているもの。すごい料理を作るなら便利なのかもしれませんが、大抵1本でほとんどの料理は作れます。1家族でしたらもちろん包丁一本で十分ですし、2~3家族でしたら、各家族で包丁1本は持ってきているので間に合います。
正直邪魔だし、包丁をたくさん外に出しておくのってなんだか怖いし‥というわけで眼中なしでした。


モーラ・ナイフの使い勝手は

で、モーラ・ナイフ実際に使ってみるとどうかというと、


  • とにかく持ち運びが便利で楽!
  • 持ち手がグリップしやすいので小ぶりだけど力をいれやすい!
  • 切れ味も鋭く切りやすい!
  • 洗い物のときも少し小ぶりなのがかえって安心!
  • 見た目よしなので料理のテンションも上がる!

などいいことづくめ。

あえてデメリットを書くと、

自宅の包丁よりも少し小ぶりなので、大きな野菜、たとえばキャベツ丸ごとなどを切るときは、スライドしながら切るなど工夫が必要。

カボチャやイモ類など固いものを切るときは、少し力を入れないといけない。

などがありますが、大した問題ではないかなと。

口コミに、刃の形状でジャガイモの芽をとれないなどありましたが、先のとがった部分で芽をとったら問題なしでした。



これで約2,000円は安い!早く買えばよかったです笑。

ケースにいれるとこんな感じ。
我が家はキッチンツールボックスにいれて持ち運んでますよ。







モーラナイフ コンパニオン MG カーボン 【正規品】Moraknife ナイフ ラバー柄 カーボンスチール ケース付き アウトドア キャンプ ハイキング 野外 多目的 Companion MG Cabon
 by楽天

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG byAmazon

ファミリーキャンプブログランキング参加中。
↓クリックしていただけると励みになります。感謝♡


にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ