「マツコの知らない世界」が絶賛した「バウル―」で作る極旨ホットサンド

和食、特に「米」が好きな純日本人な私ですが、キャンプ場での朝食は、断然洋食派!!厳密にいうと、洋食というよりは、「ホットサンド」ラブなんです♡

これほどまでにホットサンドが好きになったのは、極旨のホットサンドが簡単に作れる「バウル―」のおかげ。



マツコ・デラックスも絶賛した「バウル―」

バウル―との出会いは、先輩キャンパーとの3家族キャンプの朝食。チーズとハムといったシンプルな具材を薄切り食パンに挟んで焼いただけの普通のホットサンドが、強烈に美味しかったんです!表面はカリッとして、中はふわっと。普段朝食は少ししか食べない私たち夫婦も、「美味しい!!!」「うまい!!!」とぺろりと食べてしまいました。

そして、数か月後、「バウル―やっと買えたよ~!」と夫から言われて、購入の苦労を聞かされてはじめて知ったのですが、

どうやらバウル―は「マツコの知らない世界」で紹介されたためか完売が続き、発売日予告をチェックして、その日に瞬発でポチしないと買えない状況だったそうです。

ずぼらな私はそういうのにめっぽう弱いのですが、夫は超得意分野、見事にゲットしてしてくれました。(メーカー努力のおかげか、今は普通に販売されています。)

テレビ番組は見ていませんが、バウル―のホットサンドを食べて絶賛したマツコさんの姿は容易に目に浮かびます。だって、本当に美味しいですもの♡。

バウル―って他メーカーよりも美味しいの?


では、ほかのメーカーとバウルーって何が違うの?と言われると、実は他のを使っていないので分かりませんが、評判を聞いたり、ネットで調べてみると、

他メーカーのものは、パンの耳を切らないと入らない、やきむらができる、すぐに壊れる、ロゴ部分が洗うのが面倒、パンがくっつきやすい、

などの不満があるようです。バウル―には上記のような不満は皆無。

バウル―の良さとバウル―への不満


バウル―の良さは、

焼き目がいつも綺麗。
表面カリッと中ふわふわの仕上がり。
パンの耳もそのまま使える。
具材はかなり端っこまで多めにいれても大丈夫!(メーカーも推奨しているとか。)

バウル―への不満はほとんどありませんが、あえて挙げるなら、

イワタニのガスコンロ上での安定感が悪い

イワタニの五徳の空きが広いからかもしれませんが、コンロの上で具材をたくさん乗せようとするとぐらつくことがあります。

まあこれも分かっていたら注意すれば問題ない程度です。

バウル―で焼くときのポイント


ポイントは何といっても、「バターをパンの外側に塗ること。」これが美しい焼き目の秘訣です。

外側にバターを塗ったパンを置いて、具材を置いて、


外側にバターを塗ったパンを重ねて、蓋をしめて、途中でひっくり返して、


たまに蓋をあけていい感じの焼き目になったら出来上がり~。


真ん中に切れ目が入っているので、半分に切りやすい。


この日は、昨日の豚煮込みの残り、トマト、イタリアンパセリとチーズ。自分でいうのもなんですが、極旨でした!!バウル―様のおかげです。

シングル?ダブル?どっちを選ぶ?


私が使用しているのは。ダブルタイプといわれる真ん中に仕切りがはいるタイプですが、シングルサイズと言われる大きなサイズそのままで食べられるタイプもあるようです。

シングルタイプを使ったことがないので一方的な意見にはなりますが、

カリッとした部分が好きな方、
カレーなどトロットした具材を入れたい方、
4等分など複数人で食べたい方


一方で、

大きな具材をそのまま使いたい方、
見た目重視のサンドを作りたい方、

本日のまとめ

バウル―があれば、コンビニのハム&チーズ&食パンでもご馳走級のホットサンドが作れます!

キャンプ場で美味しい朝食を食べたい方は「バウル―」お勧めです!我が家は週末のブランチでも大活躍。

ファミリーキャンプブログランキング参加中。
↓クリックしていただけると励みになります。感謝♡

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村